研究活動

目次

研究テーマ

・新規災害発生時の産業保健ニーズ調査

・災害発生時の産業保健マニュアルや実践的なツールの開発や改訂

・災害時の労働者・職員の健康調査(質問紙)

・災害支援人材教育プログラムの開発

教員ごとの研究成果一覧はこちら

災害関連の研究成果

Mori K, Tateishi S, Kubo T, Kobayashi Y, Hiraoka K, Kawashita F, Hayashi T, Kobashi M, Kiyomoto F, Fukai K, Tahara H, Okazaki R, Ogami A, Igari A, Suzuki K, Kikuchi H, Yoshikawa T, Mori T, Ito R, Sakai K. Follow-up of occupational health issues and measures taken in Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant where decommissioning work has continued over 6 years since 2014. J Occup Environ Med 2020 62(9):669-679

Mori K, Tateishi S, Kubo T, Kobayashi Y, Hiraoka K, Kawashita F, Hayashi T, Kiyomoto Y, Kobashi M, Fukai K, Tahara H, Okazaki R, Ogami A, Igari K, Suzuki K, Kikuchi H, Sakai K, Yoshikawa T, Fujino Y. Assessing the effect of mandatory progress reporting on treatment requirements identified during health examinations at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant: A time series analysis. 2020 J Occup Health 62 e12111

Nagata K, Tateishi S, Mori K. A literature review of the health effects of workers responding to the Great East Japan Earthquake. 2020 Occup Environ Health Practice 2(1)

Mori K. Occupational health in disasters: Valuable knowledge gained from experience with the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident. 2019 J Occup Health 61(6):429-430

吉川悦子, 安部仁美, 横川智子, 久保 達彦, 立石清一郎, 森晃爾. 熊本地震で被災した事業場に所属する産業保健専門職の経験からとらえた災害時に必要な産業保健専門職のコンピテンシー 産業衛生学雑誌 J-STAGE 早期公開 (2021年1月7日)

Anan T, Mori K, Kajiki S, Tateishi S. Emerging Occupational Health Needs at a Semiconductor Factory following the 2016 Kumamoto Earthquakes: Evaluation of Effectiveness and Necessary Improvements of List of Post-disaster Occupational Health Needs. 2018 J Occup Environ Health. 60(2):198-203.

Mori K, Tateishi S, Kubo T, Kobayashi Y, Hiraoka K, Kawashita F, Hayashi T, Kiyomoto Y, Kobashi M, Fukai K, Tahara H, Okazaki R, Ogami A, Igari K, Suzuki K, Kikuchi H, Sakai K. Continuous Improvement of Fitness for Duty Management Programs for Workers Engaging in Stabilizing and Decommissioning Work at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. 2018 J Occup Health. 60(2): 196-201.

高橋哲雄,久保達彦,森晃爾.英国の危機管理システムと安全衛生機能の位置づけ.2018 産業医科大学雑誌. 40(2)201-208.

Lucchini R, Hashim D, Acquilla S, Basanets A, Bertazzi PA, Bushmanov A, Crane M, Harrison DJ, Holden W, Landrigan PJ, Luft BJ, Mocarelli P, Mazitova N, Melius J, Moline J, Mori K, Prezant D, Reibman J, Reissman DB, Stazharau A, Takahashi K, Udasin I, Todd CA. A comparative assessment of major international disasters: The need for exposure assessment, systematic emergency preparedness, and lifetime health care. BMC Public Health. 2017 17:46.

豊田裕之,森晃爾.大災害における産業保健の課題:世界貿易センタービルテロ事件と福島第一原子力発電所事故における産業保健上の課題に関する文献の比較による考察.産業医科大学雑誌 2017. 39(2): 153-159

Tateishi S, Igarashi Y, Hara T, Ide H, Miyamoto T, Kobashi M, Inoue M, Matsuoka J, Kawashima M, Okada T, Mori K. What occupational health needs arise in workplaces following disasters? A Joint analysis of eight cases of disaster in Japan. J Occup Environ Medicine. 2015 57(8): 836-844.

五十嵐侑、森 晃爾.災害事象による労働者の健康影響に関する文献的考察 産業医科大学雑誌 2015 37(3):203-216.

松岡 朱理,立石 清一郎,五十嵐 侑,井手 宏,宮本 俊明,原 達彦,小橋 正樹,井上 愛, 川島 恵美,岡田 岳大,森 晃爾. 産業保健専門職向け危機対応マニュアルの開発. 産業医科大学雑誌. 2015 37(4):263-271.

Hiraoka K, Tateishi S, Mori K. Review of health issues of workers engaged in operations related to the accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. J Occup Health. 2015 57(6) 497-512

研究成果物

危機事象発生時の産業保健スタッフ向け危機対応マニュアル

復旧・復興作業において、労働者が安全・安心に働ける整備することは重要です。しかし、労働者の健康を支援する産業医や産業看護職などの産業保健スタッフは、そうした経験には乏しく、いざ発生した場合には対応に苦慮することも少なくありません。そこで、本マニュアルを活用することで、そうした問題に対して計画的かつ網羅的に対応できる可能性を高めます。本マニュアルは解説文付きのものになりますので、危機事象発生後に本ページをご覧になった方は、まず先に以下のリストを確認し、全体像をすることをお勧めいたします。本マニュアルが危機事象に直面した、あるいは直面する可能性のある産業保健スタッフにとって、活動の一助となることを研究者一同切に願っております。

災害産業保健ニーズリスト(表のみ)

自治体職員マニュアル :自治体職員に特化した災害産業保健マニュアル

自治体職員産業保健ニーズリスト:自治体職員に特化したリスト

自治体職員質問紙ひな形:4)はWFUNで使用許可が必要です。

産業保健スタッフ用:災害産業保健ニーズに対応するための事前準備アクションチェックリスト(ver.1.1)

災害時の労働者のメンタルヘルスセルフケア:災害が発生した時の労働者が自らの健康を守るためのセルフチェック資材

目次
閉じる